コロナウィルス兵庫

 兵庫県は1日、同県西宮市に住む40代の会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

兵庫県内で患者が確認されたのは初めてです。

新型コロナウイルス 西宮の40代男性が感染 兵庫県で初めて
[画像]兵庫県の発表資料(県公式サイトから)

 発表によると、男性は2月25日から38度台の発熱が続き、同26、27両日に2つ医療機関を受診した際はインフルエンザ陰性、X線撮影も異常なしと診断された。

 28日には咳が出始め、29日に再び受診したところX線検査で肺炎像があり、帰国者接触者外来の病院を紹介され、そこで、CT検査などを受け検体を採取。

薬を処方され、自宅安静による経過観察が行われていたが、1日午後8時に感染していることが判明したという。男性は現在、感染症指定医療機関に入院している。

 男性は大阪市内の会社に勤務し、2月23日は出勤しているが、24日以降の出勤はないという。

 兵庫県では、井戸敏三知事を本部長とする「新型コロナウイルス感染症の発生に係る対策本部会議」を設置し、1日午後10時から開催している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です