ドローン 有人機へ

2023年にドローン有人飛行へ!!

ドローンといえば自由自在に飛び回ることができ、そして空撮などで活躍するものだというのが一般的な認識だと思います✨

しかし、日本政府は2023年度には有人飛行を認可するという閣議決定までしています❗

お堅い日本政府がなぜそこまでドローンに寛容的なのだろうか❓

実はそこには自動運転につながるドローンの未来がありました🏎️

そしてその最先端技術をブラッシュアップするドローンレースが今秋開催の東京モーターショーで開催されます❗

なぜドローンレースが未来に繋がるのか?

2023年にドローン有人飛行へ!! 今秋開催の日本初ドローンレースでいったいなにが起こる??
※イメージ

ドローンは趣味や空撮の道具ではなくなり、すでに夢のような未来がすぐそばにまで来ている🚁

ドローンレースという単語自体あまり馴染みがありませんが、読んでそのままドローンによる競争のことです🏁

もちろん空中でのレースになるから3次元で空中を舞うことです🚁

そんなドローンによるレースが2019年11月1日(予選)~2日(決勝)に東京モーターショー会場である”DRIVE PARK”にて開催されます❗

ドローンは今後も物流や人命救助などの社会貢献が期待されていますが、実はレギュレーションがあまり整っていないのです…

そこにはルールが必要になり、そのためには100年以上の歴史がある自動車の知見を借りないとなりません!

ドローンのハード的な進化が早すぎて、ソフト面での問題が時折出てくることがあります💦

例えば観光地の飛行禁止エリアで飛行させたとか、人や建物への接触による被害などがそれにあたります😨

今後は乗用型のドローンや物資を運ぶドローンも登場することは間違いなく、ちょっとした気のゆるみが大事故に繋がってしまいます❗

ドローンレースはルールを作る実証の場

ドローンレースは低高度で過密な飛行が必要になり、まさに来るべきドローン時代のシミュレーションでもあります!

つまりドローンレースで複雑な移動や機体同士の接触など、さまざまなシーンの蓄積を基に、将来のドローン社会での運用ルールなどを制定する必要があるとの認識なのだ❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です